DVD製作について

大切な記憶をDVDで保存

 ビデオカメラで子供の成長や家族の姿を残すために、多くの方々がビデオ撮影されて思い出を撮影してきたと思います。運動会などのイベントでは、我が子を映すために朝早くから席取りのために並んだり、ビデオに残そうと撮影方法のトレーニングまでされた人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。そこまで努力して撮影したビデオですが、テープのまま長期間保存することには少し問題があることをご存知でしょうか?また、数年前まで一世を風靡した8ミリビデオが再生できなくなりつつあることを、皆さんはご存知でしょうか?映画のDVDソフトと違って、二度と撮ることのできない大切な子供たちや家族の記録を守ることを、今一度考えてみましょう。今、時代はアナログからデジタルへと移っています。そのため、記憶媒体もテープではなくDVDが一般的になっているのです。

 ビデオテープは劣化します。多くの方々がこれまで経験していると思うためもうご存知だとは思いますが、ビデオテープで撮影した記録を長期保存しようと思っても劣化してしまいます。長年保存することに対してビデオテープでは、キレイな画像をそのまま残すことはできないのです。テープ自体の寿命は非常に長いと言われていますが、微妙なテープの伸びや磁気の影響などで、実際には録画された内容は劣化してしまいます。これらは主に保存環境が悪かったり、メンテナンスがされていなかったりすることにより発生します。酷くなるとノイズが見えるようになったり、色が変わって見えたり、画面が流れたりするなどの症状が起きるのです。また再生するとき、テープから電気信号を取り出すため、テープはVTRの回転ヘッドと呼ばれている部品に接触していますが、再生するたびにごく僅かずつではありますが磁性材が削られてしまい、録画信号が微妙になくなっていってしまいます。

 さらに保管状態が悪いままメンテナンスをしていないと、カビが生えてしまう可能性があります。カビは画質劣化より深刻な問題で、再生しても映像を見ることができなくなるのです。カビの問題に直面している人は少ないと思いますが、万一カビが発生していましたら再生機に装着するのはやめましょう。カビにより、機械が壊れてしまう可能性があるからです。もし、大切な思い出がつまった記録を長期保存したいのなら、テープではとてもじゃありませんがキレイな映像を残すことはできないため、DVDという新しいメディアで保存することをおススメしたいわけです。

耐久性の高いDVD

 DVDは、テープと比較しても長期保存に向いているメディアだといえます。オリジナルのラベルを印刷してその印刷したラベルを貼れば管理にも困らないため大変便利です。ラベル用の印刷用紙があるといいでしょう。記録された信号はテープのような磁気の影響は受けず、カビの発生もほとんど心配する必要はありません。DVDは非接触で信号を取り出すため、テープのような磨耗の問題もないのです。DVDの信号記録場所は表面ではなく、プラスチックでサンドイッチ状に挟まれた内部にあるため、カビは記録面に生えることはありません。そのため、カビの発生で記録が台無し、なんてことも起こらないわけです。このような理由から、DVDは普通の人が快適に過ごせる環境であれば、大変劣化しにくいメディアなのです。

 そして、テープからDVDやCDに移るのもまた、時代の流れだといえます。データを残すならCDプレスかDVDプレスでしょう。CDやDVDのプレスも安く行ってもらえるようになりました。ポスターを印刷した後のデータも、何枚、何十枚と保管するには場所をとって大変です。ポスターも印刷せずにCD-Rなどにデータを保管しておけば、邪魔になることもありませんね。今、映像の録画はビデオテープからDVDに急速に代わってきていて、過去にレコード盤が世の中から消えようとしたとき、高品質に記録替えする手段はありませんでした。でも、今の時代は高品質に記録替えすることが可能なのです。レコードはCDとしてもう一度買いなおせば良かったのですが、ご家庭の映像記録は撮りなおすことはできません。ぜひこの機会にDVD制作で、大切な記録を保存することを検討してみてはいかがでしょうか。

pickup

北九州市の住まい探しは「北すま」へ!住宅メーカーより新築マンション、一戸建て、土地などの不動産物件の最新情報をご提供しています。リフォームや住宅購入に役立つ知識や関連情報が満載です。

北九州市のマンションを取り扱い|「北すま」

ミニ盆栽販売サイト

沖縄で挙式なら【光貴ファンタジスタ】

数多くの亀頭増大手術を行ってきた当院があなたのお悩みを解消します。

亀頭増大

吉祥寺で貸切パーティー

Copyright (C) 2008 DVD製作情報のING.All Rights Reserved.